SNS

人との比較をするとだめに

普段生きている中で自分と周りの人を比較してしまうことがあります。その場合、相手が自分よりも恵まれていると思うと気持ちが暗くなってしまうこともあります。しかし何事においても人と自分を比較することはだめです。生きている中で大切なことは周りの人と自分を比較して優越をつけるのではなく、自分がどのように生きるかということです。 自分は何をしたら楽しいのか、何に対して幸せを感じるのかということを自分で見つけ出し、それを実行することで充実した人生を送ることができます。優越をつけて生きている限り本当の幸せは見つけ出せず、毎日に満足することはできません。 お金はあるほうが理想であるものの、自分の好きなことや生きがいを削ってまで貯金をすることは幸せには繋がりません。充実した日々を過ごし、その中で上手に貯金をしていくことが理想です。また我慢をしながら貯金をすることは後に大きなストレスとなり、ためたお金以上に失うものが大きくなる可能性もあります。 収入や生活にかかるお金は人によって異なり、自分と他の人を比較しても意味がありません。自分の中で満足のいく方法でお金を使い、貯金をすることが一番の理想の形となります。 人生計画を立て、今どれだけのお金が必要で貯金するべきかということを計算し、最低限その額だけは貯金するようにします。逆に言うとその金額を貯金して余ったお金は自分が自由に使うことができるお金となります。そのお金で自分の好きなことをしたり物を買うことで貯金もしながら充実した生活を送ることができます。 大切なことは自分がどのように生きたいかということをはっきりとさせ、それを実現させるための方法を自分で見出すことです。それを実行させるための努力を惜しまない生活することで、自分の夢を叶え、満足のいく人生を送ることができます。 時間は誰にでも平等に配られており、それをどのように使うかで未来が変わることは言うまでもありません。

個人の問題だからこそ

自分の収入に対してどれだけを消費に回し、どれだけを貯蓄に回すかというバランス感覚は生活をしていく上で重要です。これが個人の問題であるうちは良いのですが・・・詳細は見出しかリストから

Copyright (c) 2015 お金の節約と貯金の関係性 all rights reserved.