SNS

支出のバランスが悪いと

生活を行うということは得られる収入の範囲内で行うべきものであり、その収入に見合わない支出を重ねると家計のバランスが崩れて慢性的にお金の苦しい状態に陥ります。さらに、この家計バランスが悪い状態が続くと収入が絶たれたさいや病気や災害などにより、思わぬ出費を強いられたさいには、かなり厳しい状況に陥ります。そのため貯蓄を行って備えるべきです。 一方で、過度な貯蓄は生活を圧迫するために、計画立てて行う必要があります。特に重要なのが家計簿を付けることです。家計簿を付けることで、収入と支出を客観的に見ることができ、何を削減すれば良いのかがわかってきます。また貯蓄も将来に何をしたいのかを考えて行うべきですが、望みを高くしすぎると生活が苦しくなります。そのため、生活バランスを重視する必要があります。 また子供を育てる場合には子供への教育資金を用意する必要がありますが、急に用意できるものではないため子供が生まれる前から貯蓄を行なっておく必要があります。

Copyright (c) 2015 お金の節約と貯金の関係性 all rights reserved.