SNS

生活自体を楽しむ脳を

資産を形成したいと考えるのは自然なことで、将来のことを考えれば誰もが何らかの形で資産形成をしようと考えるものです。そのために預金を行ったり投資を行ったりするのは当たり前のことなのですが、そればかりに気をとられていてはなりません。というのも、将来のための資産形成ばかりを行って、生活自体をの楽しむことができなくなるかもしれないからです。 生き方は人それぞれですから、たとえば老後に豊かな生活を送ることを目的として人生を送るのも、それはそれで間違ったことではないと言えるでしょう。そのために摂生した生活を送るのも一つの人生です。しかし、やはり生活自体を楽しむことも必要ではないでしょうか。このような脳を作ることは、人生全体を楽しむためには必要なことだと考えられます。 そのためには、将来に必要になる資金がどれくらいなのかを、おおまかに知る必要があります。普通の人が老後に何十億円も必要になることはないでしょう。生活できるだけのそこそこの資金があれば良いわけです。それを知った上で、資産形成の目標を立てることは必要なことだと考えられます。 目標を立てておかないと、何が何でもお金を貯めなければならないと思って、生活自体を楽しめない日々が続くかもしれません。それで老後は楽しめるかもしれませんが、現役世代の時に生活自体を楽しまず、老後だけ楽しい人生というのも、少し寂しいものでしょう。もちろんですが、現役世代の時に楽しみすぎて老後は貧しい生活を送らなければならないと言ったこともありえることですから、楽しみすぎには注意しなければなりません。 要はバランスを考えることが大事で、将来に向けて必要な資金をこつこつと貯蓄しながら、余裕資金で生活自体を楽しむと言ったことを考えていくのが一番良いと考えられます。このような脳になるためには、まず将来に必要な資産がどれくらいあるのかをきちんと把握することから始めるのが良いでしょう。

苦しいより楽にいくキモチ

アベノミクス以降、株価は上がり少しずつではありますが、景気も回復傾向を見せています。とは言え、個人の収入が大きく伸びるとは考えられず・・・詳細は見出しかリストから

Copyright (c) 2015 お金の節約と貯金の関係性 all rights reserved.